20代後半におススメ就職サイトの紹介

20代後半におススメな就職サイト

 

学生の就職活動と違って、20代後半から始めるのはどうしてもメリットが多くなりがち。

 

そして、同じような境遇の人もなかなかいないので、不安と孤独で押しつぶされそうになるでしょう。

 

そんな時に、ぜひ活用してほしいのが就職サイト!就職サイトに登録すれば、その道のプロたちがあなたに合った会社を紹介してくれます。

 

しかも、紹介だけではなく、面接対策や入社後のフォローもバッチリ!

 

ここでは、第2既卒者・フリーター向けの就職サイトを3つご紹介します。

 

 

DYM就職

DYM

 

公式サイト:https://www.dshu.jp

 

就職率が脅威の96%を誇るDYM就職。第二既卒・フリーター専門就職サイトの中では、トップクラスの就職率になります。

 

2000社以上の優良企業からピックアップしてくれるので、自分に合う会社が必ず見つかります。

 

主に10代・20代におすすめできる企業が多く、一度も就職したことがない20代後半でも正社員になるチャンスは十分あります。

 

大手就職支援サイトだけあって、全国各地の求人に対応しています。面談の対応地域は以下の通りです。

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡
  • 札幌

近場で正社員を目指す人は、DYM就職が一番探しやすいでしょう。

 

今すぐDYM就職で無料相談してみる>>

 

ハタラクティブ

転職

 

公式サイト:https://hataractive.jp

 

就職率が80.4%とこちらも高い水準を記録しているのがハタラクティブ。

 

支援実績が約6万人以上と、就職サイトとしてのキャリアは十分です。ただし、対応地域は関東方面が中心となります。

  • 東京
  • 埼玉
  • 神奈川
  • 千葉

その為、就職を期に上京したい人にもおすすめな就職支援サイトです。

 

今すぐハタラクティブで就職の無料相談してみる>>

 

ジェイック

転職

 

公式サイト:https://www.jaic-college.jp/

 

 

研修サポートが充実して、ニートからでも正社員を目指せるのがジェイック。ビジネスマナーから営業のいろはまでしっかり習得できるのが特徴。

 

また、営業職・事務職・販売職に強い就職サイトなので、同じ方面を目指したい人におすすめです。

 

また、対応地域は期間限定も含めると割と広め。特に関東・西日本方面に強い特徴があります。

 

<支店>

  • 東京(神保町・新宿・池袋・)
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪(梅田)
  • 福岡(北九州)

<期間限定で開催>

  • 町田
  • 立川
  • 大宮
  • 広島
  • 神戸
  • 仙台
  • 千葉
  • 岡山

 

今すぐJAIC(ジェイック)で就職の無料相談してみる>>

 

20代後半は就職できる最後のチャンス

転職

 

様々な理由で、就職をせずにフリーターもしくは無職を選んだ人たち。20代後半に差し掛かると、将来について不安に感じることが多くなると思います。

 

実際に私も、27歳までフリーター生活を過ごしてきた身なので、皆さんの気持ちは死ぬほど共感できますよ!

 

それでは、一緒に今の現実に目を向けてみましょう。

 

フリーターの給料でこの先生活できる?

転職

 

フリーターの平均年収は、およそ150万と言われています。水商売やWワークをすればもう少し稼げるとは思いますが、月収12.5万では生活することでいっぱいいっぱい。

 

私は、時給1100円の飲食店で月200時間程働いていたので、月23万の収入は確保できました。

 

でも、その分身体がキツイ。朝から深夜まで働くので、家に帰ったら寝るだけの生活で、休みも1日中寝て過ごしていました。

 

体を酷使していた分、頻繁に体調を崩しては休んでいたので収入も安定しません。

 

これからどんどん歳をとって身体がもっとしんどくなった時、果たしてフリーターの給料で生活できるのか…?もう答えは分かりますよね。

 

特に、男性は将来結婚したい相手と出会った時、フリーターの収入では間違いなく生活が破綻するでしょう。車や家のローンが組めないフリーターでは、相手の親御さんから結婚の許しをもらえることはありません。

 

確かにフリーターはシフトの自由が利くし、今時フリーターが珍しいことではないので焦る必要は無いかもしれません。

 

しかし、生涯ずっとフリーターでいることができません。何かしら職に就くか、自営業かフリーランスで活動する選択を迫られる時がくるのです。

 

30代になると男女共に就職率が落ちる

転職

 

平成24年度「就業構造基本調査」に、年齢別で就職率が記載されていました。

  • 30〜34歳:男性26.3%・女性8.4%
  • 35〜39歳:男性21.3%・女性8.2%

20代後半の就職率は3割程度なのを考えると、30代からの就職率の低さがよく分かります。

 

就職できても給与面など待遇が悪い…

転職

 

30代からでも採用してくれる会社もあるといえばあります。

 

「経験不問」「シニア世代歓迎」など、職歴関係なしに積極採用を謳う企業を狙えば、就職はできるでしょう。

 

しかしそういう企業の多くは、仕事量と給与が見合わなかったり、深刻な人手不足に苦しむ「ブラック企業」です。

 

せっかく就職できたのに、薄月給で馬車馬のように働かされる人生は嫌ですよね。でも、その会社を辞めたらまたあの地獄の就職活動に逆戻りしなければいけません。

 

このように、30代に入ると「自分が希望するホワイト企業で働く」ことは夢のまた夢で、「ブラック企業でもいいからとにかく正社員になる」ことを重視するしかないのです。

 

優良企業に就職したいなら20代後半がラストチャンス!

転職

 

せっかく就職するなら、少しでも長く働ける会社を選びたいですよね。20代後半は、優良企業に就職する為のラストチャンスと言ってよいでしょう。

 

「就活ってなんか面倒だなあ」「正社員の友人とそこまで給料に差がないし、フリーターのままでいいや」と考えていると、あっという間に魔の30代に突入していまいます。

 

現実を知って30代から妥協して就活するか、手遅れになる前に20代後半から納得するまで就活するか。

 

就職したいと思うなら、一刻も早く就職活動を始めましょう!

 

20代後半から就職する為の心構え5選

転職

 

次に、20代後半から始める就職活動について、皆さんが疑問に思うであろうポイントや気を付けるべきことをお伝えします。

 

フリーターで培った職務も履歴書に記入する

転職

 

残念ながら、フリーターは職歴とはみなされません。その為、履歴書にフリーターでの労働歴を記入しない人が多いです。

 

しかし、会社側からしたら「職歴なし」より、「何かしらフリーターとして働いていた」人の方がまだ安心できますよね。

 

長年販売・接客のアルバイトをしていたなら、もしかしたら営業職に就職できるかもしれません。また、工場で働いていたなら、技術者として整備会社から声がかかる可能性もあります。

 

自分を知ってもらうという点で、フリーターの実績も履歴書に記入しておきましょう。

 

元夢追い人だった…フリーターを続けた理由は正直に言ってよし

転職

 

歌手や俳優、声優や芸人など夢を追いながらフリーター生活を送る人もいます。そして夢を諦めて就職しようとした時、面接官から必ず聞かれるであろう質問…。

 

「なぜ今まで就職しようと思わなかったんですか?」

 

多くの元夢追い人は、返答に困ると思います。「夢を追いかけて挫折しました」なんて、今までの自分を否定しているみたいで恥ずかしいですし…。

 

結論を言うと、正直に理由を伝えるべきです!なんとなくフリーターを続けていたより、何か理由があってフリーター生活を送っていた方が、相手も納得がいくからです。

 

履歴書の記入方法・面接対策は一から教わる

転職

 

ある程度年齢がいってから就職活動する人が陥りやすいのが、「就活の基礎ができていない」ということ。

 

自分では理解していると思っていても、アルバイトの面接と就職活動は別物です。

 

身だしなみも就活用に整えなければいけませんし、面接の受け答えも想定して用意する必要があります。

 

しかし残念なことに、就活の基礎を忘れてしまった人が多いのが事実。現に、面接でヒゲを蓄えたまま行ってしまい面接させてもらえなかった…という人を知っています。

 

就職支援サイトなら、履歴書の記入・面接対策・ビジネスマナーの指導もしてくれますので、「分かっているつもり」と思わずに一から教えてもらうようにしてください。

 

「アルバイトしながら就活」はおすすめしない

転職

 

「良い会社を見つけるまではアルバイトで生計を立てる」という人もいるでしょう。本当に就職したいなら、アルバイトをせずに就職活動1本に絞った方が良いです。

 

アルバイトをしてしまうと、どうしても「就活<アルバイト」に気持ちが傾きがち。アルバイトをすればするほどお金が入りますので当たり前だと思います。

 

しかし、就活と平行してアルバイトをするのが本来の目的ですよね。アルバイト先の人達との交流も増えれば、自ずと情が湧いてくることでしょう。

 

生活の為にどうしてもアルバイトが必要な人は、面接が入りやすい日中は避けて、夕方〜深夜帯で働くようにしてはいかがでしょうか。

 

あくまで「就活>アルバイト」ということを忘れないようにしてくださいね!

 

職種によっては資格のありなしより若さを求める会社もある

転職

 

20代後半で就職活動を始める人の中には、「資格取得した後に始めるべきなのか」と疑問に感じることがあります。

 

結論としては、「目指す職種による」です。例えば薬局で働きたい場合は、医療事務の資格が必要ですよね。

 

逆に、不動産屋で働きたい場合は、無理に宅建を取らなくても採用されるケースがほとんどで、入社後に取得するようです。

 

「飲食業で働きたいから調理師免許を取得」「経理の事務がやりたいから簿記などの商業系の検定を取得」ということもあまり聞きませんよね。

 

要は、資格のありなしより年齢を重視する会社が圧倒的に多いという結果になります。

 

専門職を目指さない限り、資格取得を頑張るよりは1つでも多く企業に応募した方が正社員になりやすいのです。

 

就職支援サイトの使い方は?応募から面接までの流れ

転職

 

記事の冒頭に、「おすすめの就職サイト」を紹介しました。ここでは、その就職サイトに登録してからどうのような流れで進んでいくのか説明していきます。

 

1.就職支援サイト登録する

転職

 

まずはインターネットから、就職支援サイトに登録します。

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 最終学歴
  • 現在の状況(就活中かどうか)
  • 勤務希望地
  • その他希望職種

上記の内容を入力していきます。

 

2.キャリアアドバイザーとの面談

転職

 

登録後、キャリアアドバイザーから電話もしくはメールが来ますので、そこで面談日程を決めます。

 

面談する際は履歴書を持参して、キャリアアドバイザーによる履歴書の確認や添削を行います。

 

さらに、希望職種のすり合わせやその他ヒアリングも行うので、縮こまらずに自分の意見を主張することが大切です。

 

ちなみに、金融企業などのお堅い職業を希望しない限り、ラフな格好で構いません。

 

3.企業へ応募

転職

 

ヒアリングを元に、あなたにぴったりな企業をキャリアアドバイザーが選定してくれますので、応募したい企業をピックアップしていきます。

 

応募はキャリアアドバイザーがしてくれるので、あなたは応募書類や面接対策に全力を注ぐことができます。

 

採用されるために、ここでキャリアアドバイザーからアドバイスを多くもらえるでしょう。

 

4.面接

転職

 

キャリアアドバイザーからのアドバイスを元に、いざ企業との面接へ!

 

企業が自分を雇うことで生まれるメリットを十分に伝えましょう。

 

5.条件交渉・内定

転職

 

面接後、キャリアアドバイザーが企業に労働条件などの確認を行います。双方合意すれば内定が確定し、入社後のアフターフォローに移ります。

 

就職支援サイトのメリットとして、入念なヒアリングの元に自分に合った企業を紹介、応募・面接までの日程調整を全て請け負ってくれるところ。

 

20代後半から就職活動をしたい人は、ぜひ就職支援サイトを活用すべきです!

 

就職支援サイトを使って20代後半から正社員を目指そう

転職

 

20代後半からの就職活動は、希望職種に就く最後のチャンスだと思っています。でも、学生の就活と比べるといばらの道なのは確かです。

 

1人でハローワークで探す日々を送るくらいなら、就職支援サイトに登録した方が求人数の多さやバックアップ面も安心。

 

少しでも正社員で働きたいと思うなら、ぜひ就職支援サイトに登録することをおすすめします!

 

 

・ハタラクティブ 
https://hataractive.jp/

 

・ジェイック
https://www.jaic-college.jp/

 

・いい就職.com
https://iishuusyoku.com/

 

どのサイトも、フリーターが正社員を目指す上で利用しやすく、エージェントがいるため、相談しながら就職活動を行えるWebサイトです。

 

これらのサイトで募集を行っている企業は、フリーターを正社員として雇用する事に積極的な企業が多くおすすめです。

 

また「未経験でも正社員になれる求人」などを多く扱っているのも特徴で、今までバイトや派遣でしか働いた事がないという人でも安心して就職相談ができますよ。

 

求人倍率が増加している今は、ほんと就職のチャンスだと思うので、積極的に就職サイトを活用する事をおススメします。

 

就職

 

エージェントって何をしてくれるの?

 

では、エージェントとは一体何をしてくれるのでしょうか?その役割をきちんと理解し、利用する事であなたの正社員への進捗はきっと大きく前進するはずです。

 

まず、エージェントの一番の役割はあなたがフリーターから正社員を目指す上での相談役となってくれる存在だという事です。

 

ただ企業を紹介してくれるだけではなく、あなたの希望や仕事に対する考え方などをヒヤリングし、その上で第三者的な視点を踏まえながら、おすすめの業界や仕事を提案してくれます。

 

もちろん、エージェントは各業界の知識も豊富なので、その理由まで丁寧に説明して貰え、業界や職種の知識についても学ぶ事が出来ます。

 

他にも履歴書の添削や面接時のアドバイス等、企業に応募する前から面接、内定に至る迄、ありとあらゆるサポートを行ってくれるのがエージェントという存在です。

 

また、エージェントは企業側の情報やクセを把握している事も多く、ピンポイントで採用して貰う為の注意点を教えて貰えたり、面接の同行や面接後の後押しを行ってくれる事もある為、エージェントと信頼関係を築いておく事は就職活動への大きな助けとなります。

 

エージェントと信頼関係を築く事でより密度の濃いアドバイスを受ける事が出来ますし、その分正社員への道筋はきっと明るくなるはずです。

 

就職を成功させるコツ

 

就職するなら絶対に失敗はさけたいところです!

 

正社員として就職して、後で思っていた職場とは全然違ってた…なんて事が結構多いのが現実。

 

ではどうすれば、失敗せずに就職することができるのか?

 

良い企業に就職するには、やはりその求人とめぐり合う確立を高くするしかありません。

 

なので、2つ以上の複数の就職サイトに登録して、各エージェントに協力してもらうようにしましょう。

 

そのほうが良い求人を見逃すリスクも減り、条件や待遇の良い企業の求人をゲットする確立も上がってきます。

 

以下、20代後半の方におススメの就職サイトですので、全部登録して良い企業に就職する確立をアップさせましょう!

 

・ハタラクティブ 
https://hataractive.jp/

 

・ジェイック
https://www.jaic-college.jp/

 

・DYM就職
公式サイト:https://www.dshu.jp

 

20代後半で就職に成功した体験談

 

性別:男性
年齢:20代後半
住んでいる地域:青森県
職業:販売職から営業職に転職
年収:200万から450万に
使った転職サイト:マイナビ、DODA、リクナビ

 

■何の職業から何の職業に転職したのか?

 

具体的にはアパレル関係の販売職から、大手保険会社の営業職として転職しました。

 

 

■どうしてフリーターから就職しようと思ったのか?その仕事、企業へ転職しようと思った動機、きっかけについて

 

初めにフリーターを選んだ理由は単純に自分が違う夢を持っていて、それを成功させるためには、休みなどがある程度自由にきく職種じゃないと難しかったため、ある程度融通が利くフリーターを選びました。

 

かれこれ5年程仕事をして、その間に家族が出来、自分の優先事項が夢から家族に次第に変わっていき、もっと年収が高い職場を探さねば、家族が飢え死にすると思い転職を決意しました。

 

 

■就職してみての感想(良かった点など)

 

初めは研修期間で地元から離れ、初めての寮生活にフリーターとは違う仕事感覚に不安がいっぱいでした。

 

ただ私の場合、同期が多く様々な人に触れ合い、自分の価値観が変わったりなど、フリーターの時とは違う仕事に対するモチベーションで毎日が楽しくなりました。

 

無事研修期間を終え、実際に仕事を始めた時も特に不安もなく仕事に取り組めました。

 

仕事の業務は専門知識を覚える事に初めは苦労しましたが、頑張れば頑張った分、その成果が給料として反映してくれる点は、フリーターの時と大きく違う点でなにより仕事が楽しくて仕方なかったです。

 

 

■転職サイトを使った感想

 

大手企業に就職出来るチャンスが転職サイトにはあると思います。

 

職業安定所に掲示してある仕事内容は地元の職場が多く、有名企業の掲載はあまり無いです。

 

しかし転職サイトではその逆で大手企業が逆に多く掲載しているため大手企業で成功したい!と思う方は是非活用した方がいいかと思います。

 

また当然ペーパレスで応募出来るため、いちいち履歴書の手書き作成なども必要ないため応募の効率作業も軽いです

 

 

■これからその職種に就職したいと思っている方へアドバイス

 

私の場合の営業職は、飛び込みではなく来店型の営業になるため、飛び込み営業に比べて仕事のストレスは少ないと思います。

 

ただし、営業職なので全てが上手くいく仕事ではありません。

 

失敗も良くします。けど成功した時はとっても嬉しいです。

 

なので頑張れば頑張った分、しっかり給料の面で反映されます。

 

正直、お金に困っていないのであればそのままフリーターでもいいと思います

 

ただ少しでも今の生活に不安や、後悔をしたくないと思っていたら絶対転職した方がいいと思います。

 

ある程度の年齢だとなかなか探すのも大変なためです。
ぜひ参考にしていただければと思います。

 

就職